読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

水素水以外で、活性酸素を抑える食品は?

活性酸素を抑える食品は、ズバリ!ピーナッツと言われています。ピーナッツは、おつまみやサラダによく使われます。

それでは、なぜピーナッツがよいのでしょうか!?その理由は、ピーナッツにはビタミンEが多く含まれているからです。ピーナッツに含まれる、ビタミンEは高い抗酸化作用をもっています。それはつまり活性酸素を抑える役割を果たすということです。

 

 そもそも活性酸素はなぜ体に良くないのか

 私たちは生きていくために、空気中の酸素を栄養として摂取します。しかし、必要以上に体内に取り込まれた酸素は血液や脂質を酸化させることにつながります。

 鉄は酸化するとボロボロになり錆びてしまいますが、人間の体でもそれと同じことがおこってしまいます。体内の脂質が酸化されることで、冷え性や肌のしみといった身体の不具合が起こります。つまり、老化を引き起こす原因となってしまうのです。

 

 活性酸素発生の原因は?

 活性酸素は、先ほど書いたように必要以上に酸素を体内に取り込んだときに発生するといわれています。有酸素運動や紫外線、ストレスをが活性酸素を増やす原因です。ストレスは健康面において良いことは何もなさそうですが、体によさそうな有酸素運動や紫外線(日光浴)が体の老化を促していることは意外な事実ですよね。

 健康を保つために、よく運動をした日には水素水を飲んだりピーナッツを食べることが体に良いと覚えておけば、健康に長生きできるかもしれません。

 

ミッドリーフ ハニーローストピーナッツ 283g

ミッドリーフ ハニーローストピーナッツ 283g